真実の自分と

Hey!Say!JUMPとNEWSと少年隊が好きです

入所15周年だというのでやぶいののことを語ろう!

薮宏太さん、伊野尾慧さんの同期おふたりが2016年9月23日でジャニーズ事務所入所15年だそうです。おめでたい!いや~おめでたい!

 

薮さんも伊野尾さんも15年もジャニーズでアイドルしてくれてるのか…すごいな…と普通に驚き&尊敬&喜びで何かしらお祝いをしたくなったので、やぶいののことを書こうかな~と思います。お祝いにはなってない気もするけど俺は気にしない。

 

 

 

薮宏太さんには運命のシンメこと八乙女光くんという存在がいますが、ある意味薮さんにとって伊野尾さんも「運命の人」なのではないのかな~と私は思っています。

でもやっぱり伊野尾さんと薮さんは絶対に「シンメ」ではないので、その運命感って多分薮さんが言うように「腐れ縁」なんだろうな笑

 

以前にやぶひか坦には八乙女坦が多いって話を聞いたことがありますが、光くんはジャニーズに入ったその時から薮くんが居て、ふたりでずーっとやってきたんだと。

つまりは光くんには「薮くんがいない時が無かった」ということなんじゃないかみたいな説がありまして、確かにそうかもしれないなぁと思ってたんですけど。えっそれってやぶいのもそういうことだよね???しかもお互い、お互いがいない時無かった訳だよね???(やぶひかとでは存在の濃さは違うでしょうけど)

 

オーディションが同じ会場、入所日も同じ、Jrの時には所属グループは違えどYa-Ya-yahJ.J.Expressは兄弟グループのような感じでしたし、同じ番組に出演も多く、共に成長してゆく仲間でした。Hey!Say!JUMPが結成されるときにまたその不思議な縁で同じグループでデビューをして今に至るわけですから、やぶいのってお互いがお互いの芸能人生に必ず存在し続けてんだな~~尊い~~~って感じです。

 

薮さん発信のオーディションの時の話が好きなんですけど、薮さんオーディションの時の伊野尾さんのことずいぶん良く覚えてるんですよね笑

こけしなりにも都会っぽいかっこうしてた(笑)」とか伊野尾少年をディスる発言もあるんですが!個人的には、

「自己アピールする時間みたいながあったんだけど、伊野尾は手を挙げてKinKi Kidsの『フラワー』を歌ったんです。それがド下手で印象に残って(笑)」

っていう方を言及したい!!!

 

これ『伊野尾は手を挙げて』って所ね!挙手制のアピールタイムで手を挙げる伊野尾少年やばくないですか!?めっちゃやる気あるね!!

 

伊野尾さんってテキトー王子とか言われて全然自分のこととかハッキリこちらに教えてくれないじゃないですか!だからやる気ないのかなとか、そののらくらした雰囲気にごまかされがちですけど本当はめちゃくちゃやる気あるよね!?っていうエピが大好きなんすよ…!!

 

伊野尾さんのジャニーズ入りきっかけが「芸能界に入れば美味しいものをたくさん食べられると思ってジャニーズになりました」だとか、まぁ嘘ではないんでしょうけど、その子オーディションで自分で手を挙げてみんなの前でKinKi Kidsの『フラワー』を歌ってんだよ!?!?!?アツいなー!!!!

ごはんへの情熱だけじゃないだろうな~とか考えちゃって目頭が熱くなりますね…。

それに対する薮さんの評価「ド下手で印象に残って(笑)」もひどすぎて泣けるけど…。

 

このオーディションのこと伊野尾さんは覚えてないのかな~~薮少年がどうだったのか教えてほしい(欲望の塊)

 

薮さんって基本的にメンバーに甘い人なんですが、なぜか伊野尾さんと圭人にはほどほど厳しいんですよね~。なんとなく圭人はいじられキャラな所があるせいかなとも思うんですが、伊野尾さんはなんでだろうなと考えると、やっぱり「同期だから」って所が大きいんじゃないかな~って思います。

 

薮さんにとってはJUMPには後輩しかいないという中で、年齢はひとつ下だけど同期の伊野尾さんって「自分が見てあげないと」みたいな感情もない唯一の相手なのかなって感じがします。

 

まぁ薮さん自身は全然自分のこと「先輩だから」とか「年上だから」とか意識してないと思うんですけどね。でもデビュー当初そう言って周りの大人たちに怒られてきたわけですから、その意識皆無ってことはないと思うんです。人から怒られたり注意されれば気になりますからね。

そしてそうやって怒られてそこばっかり意識しちゃってメンバーに怖がられちゃったのが光くんなのかなぁと思うとなんか切ない…。

でもそんな光くんのことも優しく見守ってきたのが薮さんなんだろうな…。

 

「お前たちがメンバーをまとめろ」と大人たちに怒られ続けたやぶひか。だけど光くんには最終的には頼れる相手、薮くんというお兄さんが居た。でも薮くんには居なかった。

やぶひかは対等の関係だけど、やっぱり事実薮くんは光くんより「先輩」なんですよね。

ほんのわずかの差でも「同期」の伊野尾さんの存在は、光くんとは違う意味で特別だったのではなかろうか、と思っています。

 

それはまた薮髙(ジャニ歴は薮先輩だけど同い年)にも言えそうな気がするんですけど、なんか髙木くんって子分気質というか笑

髙木くんは甘え上手で、責任のあるポジションには行きたがらない節があるというか、まぁジャニ歴だけで言うと結構な後輩(JUMP内で言うと髙木くんの入所順は7番目)になるので仕方ないとは思うんですけどね(髙木くん年下のメンバーでも未だに「くん付け」で呼ぶし)

 

そういう面で伊野尾さんはなんとなく自立してたメンバーだったのかなぁと思うと、はぁお兄ちゃんみ尊い~~!!!って気持ち。

 

JUMPのお兄さんってやぶひかのイメージだけど、それぞれの関係性をしっかり見てみると光くんより伊野尾さんの方がお兄ちゃんみあるの、個人的にめちゃくちゃ萌え案件で軽率に興奮しますね。

 

 

やぶいのってふざけてる時のテンションが異様にシンクロしてる所も魅力だと思うんですが、アレに関しては私が言葉を尽くせないのでぜひ「やぶいの」で動画検索したりツイッター検索したりして下さい(自主性に任せるスタイル)

 

 

なんかもうちょっと伊野尾さん→薮さんの話もしてみたかったんですけど意外と持ち合わせてるエピがなく、なんか全然まとまらなかったのでこれはまたの機会にとっておこうかな…。大人しく筆をおきますね…伊野尾坦からみたやぶいのってのも気になる所です…。誰か書いてねぇかな…。

 

 

とにもかくにもやぶいの入所15年、誠におめでとうございます。

長い年月をアイドルとして生きてくれてありがとうございます。

これからも、良ければ、一緒に。